まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

作り、作る。

普段から自分で何かを作る癖をつけたいと思った。
本を読むでもなく、ゲームをするでもない、コンテンツの消化ではなくて何かを生み出す行動をとりたい。そういう願望は以前からあったけど、自分は今の所どちらかと言えば消費する方が好きで、楽で、よく逃げてしまっている。

逃げてしまう理由のほとんどは「めんどくさい」とか「他のことが楽しい」とか、他愛のないことの積み重ねで、だからこそ自分の意志だけで大きく変えるのが難しい。

でも、さすがにこのまま後10年過ごすのはちょっと怖いとも感じる。だからとりあえずハードルを下げて、ひたすら下げて、少しでも「出来た」と思える道を作っていくことにした。

とりあえずGithubに1行でもコードを上げることを考える。
ただ、アプリを完成させてリリースするのはハードルが高い。そもそも要件を構想するのが大変だし、取り掛かるとどんなアプリでも絶対に大きな課題が2、3以上は見つかるし、その問題を解決するだけの熱意は持ち合わせていなければ挫折してしまう。自分がしたいのはリリースではなくて、継続的に作ること、それだけである。

だから熱意が無くても続きそうな方法を探す。今仕事の中で必要になっている技術と、休日に自分で勉強していることを合わせて、簡単なものを作っていくことにした。その一つ目がこれ。

GitHub - MasaoBlue/training-app-001: 勉強用アプリ1

frontendとbackendを開発するための環境構築。それを簡単に行えるようにするためのコード群。
まだ足りない部分が多いけど、少しずつ育ててみることにする。

どこまでで完成なのかは自分で決めれば良い。出来た所までが完成形。
機能言っていた逆算して考える所とは多分方向性が違うけど、苦手なやり方で前に進もうとして頓挫するよりはできる方法で少しずつでも進んでいく方が賢明なんじゃないか、と考えることにした。

もっともらしい理由を付けて。