まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

寝る前にスマホを触らない

最近どうも寝起きが良くない。
目覚ましのおかげで一度目が覚めるのだけど、そのままだらだらと布団の中で時間を過ごしてしまい、結局二度寝三度寝を繰り返して1、2時間経過していることが多い。

そんな中、今日は久しぶりに「目が覚めてしまった」と感じるくらいスッキリと目覚められた日だった。
午後に予定があり、それに遅刻する訳にはいかないから…というのもあるかもしれないが、他にも要因がありそうな気がする。

以前にも同じことを考えた際、二度寝し過ぎないための対策として「一度起きたらカーテンを開けて光を浴びてから二度寝する」というのを実践したことがあった。
これは、よくある体内時計がなんちゃらというネットのどこかの記事で「たとえ寝起きの時間がズレていても、太陽光を浴びた時間に体内時計はリセットされるから、毎朝光を浴びるべき」という言説を見たからである。ソースは覚えていない。

曖昧な情報ではあるものの、自分には一定の効果があった。
それまでは二度寝どころかスヌーズをかけながら五度寝くらいしていた所、目が覚めたタイミングでとりあえず布団の横にあるカーテン(その時は1級遮光だった)を開けて体に光が当たるようにした所、三度寝以上することが減り、二度寝した後に起きるまでの時間も短くすることができたのだ。
科学的な裏付けは特に持っていないが、自分にとっては中々良い対策だったと思っている。

ただ最近、引っ越をしたことで睡眠環境が変わった。
前の家よりも窓が縦に長い家で、元々持っているカーテンでは足もとが30cmくらい空いた状態になってしまう。
本当はちゃんと合ったカーテンを買いたい所ではあるが、私の部屋は大部分がすりガラスで外から見えない上、他の家電などを買い替えてお金を使ってしまったこともあり、カーテンの買い替えは優先度を下げることにした。
このため、最近は朝になると否が応でも光を浴びさせられる状態となっている。

にも拘わらず、私は最近、また何度も寝てしまう癖が再発してしまっている。
自分なりに少し考えてみたところ、3つほど改善できそうなポイントが考えられた。

まず、夜に食べ過ぎてしまうこと。
以前朝活…的なことをしていた時は食事に少し気を使っていた。
大まかに言えば腹八分目程度で抑えることと、最後に物を食べた後ある程度時間を置いてから寝ることの2点だったのだけど、最近は新しいスーパーで買ってきた安いお惣菜などに目がくらみ、夕飯を沢山食べてしまうことが多い。そして食べ終わると横になりたい欲求に駆られ、そのまま布団に入って寝起きの悪い朝を迎えてしまう。
典型的なダメな例だとは思いつつ、お腹いっぱいの幸福感と共に睡眠を貪る満足感には抗えなかった。

次に、目覚まし時計を枕元に置いていること。
今まではスマホで目覚ましをかけていたのだけど、専用の目覚ましがあった方が快適になるのではないか、と思い引っ越しを機に購入してみた。LOFTで2500円。コンパクトで良い時計である。
しかし、布団から出ずに止められる位置にそれを置いたのは明らかに間違いだった。
最近の私は、目覚ましの音で目覚めるとすぐに時計の上に付いているスヌーズボタンを押す。その時布団からは出ないものだから、そのまま二度寝をし、5分後にもう一度起こされてもまたスヌーズボタンを押してしまう。
起きなきゃ、という漠然とした意識だけでは自分は全く起きられないのだと久しぶりに痛感している。

3つ目は、寝る前にスマホを触っていること。
引っ越す前は枕元に充電器が無かったため、ベッドから2、3メートル離れたPCの近くでスマホを充電していた。だから寝る直前にはスマホを触らず、適当な本を読んで眠くなったら寝るような流れだった。
しかし今の家は、悪いことに枕元にコンセントがついている。引っ越して布団を設定した後「ここでスマホ充電できるの便利じゃん」と思い充電環境を用意してみたのだが、これは寝起きを改善するという観点から見れば完全に悪手だったようである。
加えて今の私の部屋は、部屋のライトをリモコンで消すことができない。そのため寝る前に布団で本を読んでも「眠くなってきたら一度布団から出て、電気を消して布団に戻って寝る」という行為が非常に億劫に感じてしまい、だったら「電気を消してから布団に入ってスマホを触りながら寝る」方が快適だと考えてしまった。

そんなこんなで、私の睡眠…もとい起床環境は以前よりも悪化してしまっている。
このことに具体的に思い至ったのが今週の半ば。

そして昨日は試しに「スマホはPC付近で充電し、寝る前に触らない」と「枕元の目覚まし時計は使わず、少し離れた位置のスマホで目覚ましをかける」という2つの対策を実施したところ、いつもと変わらない程度の睡眠時間を確保しつつ二度寝の欲求を抑えて適度なスッキリ感を持って起床することができた。

巷ではなんちゃら式最強の睡眠とか、そういう本が流行っているらしい。
そういうのも取り入れてみようかと思いつつ、でもそこまで睡眠に対してストイックにもなり切れない、という自分の中での小さな葛藤があり、結局目の前に見えていることを解決する方向に向かってしまうのは、もしかしてあまり良くない事なのかもしれない。

生きることは難しい。
生きることは嫌いではないけど、やっぱり難しい。