まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

線香の箱の上にマスクを置いておく

寝る時、喉が乾き過ぎないように毎日マスクをして寝ている。

ある日、起きて無意識でマスクを置いた場所が線香の箱の上だった。

その日の夜は、マスクについた移り香を嗅ぎながら寝ることになった。

それ以降、毎日のように線香の匂いを嗅いでいる。