まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

「最近感動したこと」を答えられるようになっていた

ひと昔前、私は就職活動を楽しんでいた時期がある。

それなりの企業を受け、それなりに選考を進めることができ、幸いなことに最終的には複数の会社から内定を貰った。

面接では様々なことを聞かれたが、私はその場を取り繕うのがそれなりに得意だったため、大抵の質問は間を置かずに答えることができた。

そんな私が、1つだけ返答に困った質問がある。

「今までで一番嬉しかったことは何ですか?」

とある会社の面接で、突然出てきた質問。

私は3名の面接官に対し、少し考える時間を貰えるようお願いした。

そして目をつぶり、必死に頭の中を検索してみる。

しかし、これといって「嬉しい」と感じた体験を思い出せない。

学生時代、授業ではIT系の資格勉強をさせられていた。

そのころの私は真面目に勉強していたので、試験にはいくつか合格したし、それなりに「嬉しい」感じはする。

でも、それは学生として、いわば「当たり前」な事だと認識していたし、それを「嬉しかったこと」に挙げるのは何だか違う気がした。

じゃあ一体、私は何を嬉しいと思っただろうか。

専門学校を遡り、高校、中学校、小学校と様々な記憶をたどってみるも、良さそうな回答は全く出てこない。


結局、私は30秒程うんうんと唸った末、仕方がないので資格取得のことを答えたのだが、正直自分の喋り方からは「本当に嬉しかった」という印象は全く伝えられなかったように思う。

実際、大して嬉しいと思わずに答えたのだから当たり前だ。

あの面接を受けて以降、私は「自分の感情を思い出すのって難しいんだな」という事実をしみじみと感じながら生きてきた。


さて、最近の私はどうだろう。

昨日は社内で集合研修があり、今まで喋ったことのない人とグループを組み、はじめに自己紹介をすることになった。

その時、講師から「自分の所属や名前と一緒に『最近感動したこと』を話してください」と言われ、内心ドキっとした。

もしかして、これはあの就活の時の質問と同じやつではないか。
だとしたら、私はこの問いに、ちゃんと答えることができるだろうか。

人知れず大きな不安を感じていたのだが、その不安は的中しなかった。

なんと、私が上の問題について考え始めた瞬間、脳の中から「最近感動したこと」がフッと沸き出てきたのである。


正直、かなり驚いた。

私は不安など感じる間すらなく、自分の過去の感情を、一瞬で探し出すことができるようになっていた。

これは学生の頃から比べると、とてつもない進化だ。

思い返してみれば、私は最近、日常の気づいたことを紙のノートやEvernoteに書き留める習慣がついている。

去年からはこのブログも始めたし、今まで全然読めなかった本も読めるようになり、1冊の本を読めば沢山の気づきメモがとれるようになった。

そう考えると、私の「毎日の記録量」は、学生時代とは比べ物にならないほど増えている。

おかげで、過去の自分に起きた様々なことを、以前よりも明確に覚え、そして思い出せるようになっているようである。


だからどう、という訳ではない。

でも私は、今の自分が「過去のことを思い出せる状態」であり、それがまるで卒業アルバムのように、昔を振り返って懐かしむことすらできるものだと気づき、この事実に一種の感動を覚えている。

なんだか明日からも、楽しく生きられそうな気がする。