読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

あなたは、直感に従って生きていますか?

f:id:MasaoBlue:20160827220700j:plain

 

 

皆さんは、自分の直感を信じているだろうか。

 

私は昨日「直感を信じて良かった」と思える出来事に遭遇した。

 

 

手作りの、小さな船

昨日は19時頃に仕事を終えた。

もう空は暗くなり、道端のお店が夜の街を照らし始める時間だ。

 

私は電車に乗って、いつも通り帰路につく。

  

そのまま最寄りの駅で降り、何も考えずに家に向かって歩き始めた。

 

その時だ。

 

 

たくさんの人が列になって行き来する歩道の、その真ん中の部分の足元に、何かが落ちている。

 

近づいてみると、それは見るからに手作りで、とてももろそうな『船』だった。

 

船体は厚紙で作られ、その中心からはストローの柱が1本伸びている。

柱の上には大きな帆。これはおそらくクリアファイルだ。それも少女雑誌の付録についてきそうな、ピンク色で、女の子のキャラクターが描かれたもの。

  

 

「こんなところに、子供が捨てていったのかな」

 

 

私は一瞬そう思ったが、人混みに流されてそのまま通りすぎてしまった。

 

 

しかし、近くの信号に止まった時、とある疑問が浮かんだ。

 

「もしかして、あれは子供の『落としもの』なんじゃないか?」

 

今はまだ、皆が避けて歩いているおかげで船は無事だった。でもあのまま放置しておけば、いつか誰かに踏まれてしまうだろう。

 

だとしたら、戻るべきか?

でも自分が戻ったところで何ができるだろうか。

 

私が持って帰っても意味が無い。

持ち主が分かれば返してあげたいけど、少なくとも近くには居ないようだ。

 

じゃあ拾っても無駄か?

 

いやでも、ついさっき落としたんだとすれば、落とし主はすぐに戻ってきてくれるかもしれない。

 

だったらせめて、できるだけ人に踏まれないよう、道路脇のガードレールに立てかけておくことくらいはできるんじゃないか?

 

幸い今夜は風もない。

一晩くらいなら、飛ばされずに留まってくれそうだ。

 

 

・・・と色々な妄想をするうち、いよいよ信号がになった。

 

今はサラリーマンの帰宅時間。

もちろん前から後ろから、多くの人が歩いてくる。

 

私はまたもや流されるようにして、帰る方向に歩を進めてしまった。

 

 

しかし、やっぱり、忘れられない。

 

 

「あの船は、誰かの落し物だ」と、自分の直感がそう言っている。

 

 

私は悩むように何度も後ろを振り向いた後、ついに決心した。

体を翻し、船の方に向かって歩いていく。

 

 

「もし、もう踏まれていたらどうしよう」

 

 

もちろんその不安もあるが、それはその時に諦めるしかない。

 

でもまだ無事だったら、そっと安全な場所に移動しておこう。

 

 

そして私は、船の元まで戻ってきた。

 

急いで駆け寄り、その場にしゃがみ、柱のストローをつまんで持ち上げる。

 

 

 

と、その瞬間。

 

 

 

「あー!○○ちゃんのー!!」

 

 

 

目の前の方向から、小さな女の子の大きな声がした。

 

まだあどけない喋り方で、名前の部分はハッキリ聞きとれない。

 

 

でも、それは確実に「探し物を見つけた時の声」をしていた。

 

 

私は驚いて顔をあげると、そこには幼稚園児とおぼしき少女と、その母親がこちらに歩いてくる姿があった。

 

 

なんてことだ。

 

本当に、落とし主が見つかってしまった。

 

 

道路脇に移動するはずだった私は、目の前の船をそっと持ち上げると、走り寄ってくる女の子にそのまま手渡して言った。

 

 

「よかったね」

 

 

ビックリしすぎて、それしか言葉が出なかった。

 

女の子は喜んでいたような気がする。でも表情はあまり覚えていない。

 

唯一覚えているのは、お母さんが「ありがとうございます」と言ってくれたこと。そして女の子が、お母さんに諭されながらこっちを振り向き、小さな声で「ありがとう」と言ってくれたことだけだ。

 

直感に従ってみよう

誰かの命を助けてはいない。 

 

何かお金になった訳でもない。

 

ただ、自分の中の大切なものを失わずに済んだ。

そんな気持ちだけが残っている。

 

 

今まで私はたくさんの落し物を無視してきた。

 

ついこの前、駅の階段にシュシュが落ちていた。

その前にもキーホルダーや、小さなぬいぐるみを見たこともある。

 

でもそんな時、「落し物かな?」という直感よりも「あれは大したことないものだ」という思い込みが勝り、何も行動しないことが多かった。

 

 

自分にとっては大した意味が無くても、持ち主にしてみれば大切なものだということは往々にしてある。

  

だとしたら、その場でああだこうだと決めつけるより、自分の直感に従ってみることの方が大事なんじゃないだろうか。

 

 

だから私は、自分の直感を信じ、何かを助けられる人間になろうと思う。

 

 

あなたは、直感に従って生きていますか?