まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

【本】夢をかなえるゾウ 10日目を終えて

 

5年前の夢、叶ってますか?

 

 

先週から、夢をかなえるゾウというベストセラーの実践を始めました。

 

今日でちょうど10日が過ぎたので、一旦この本のレビューを書いておきます。

 

 

はじめに

この本は、要約するとこんな内容です。

【要約】

普通のサラリーマン『僕』のもとに、『ガネーシャ』というゾウの形をした神が現れた。ガネーシャに「毎日1つずつ課題をこなせば、お前は変わることができる」と言われ、僕はしぶしぶ課題をこなしてみることにした・・・

 

という訳で、この『僕』と同じ課題を読者自身も行い、一緒に変わっていきましょう、という趣旨の本になっています。

 

この本を実践し、私が感じている利点は大きく分けて3つです。

  1. 「自分事」に感じられる
  2. 「これくらいならできそう」なレベル感
  3. 課題の解決を「習慣化」できる

 

以下で1つずつ説明します。

 

1.「自分事」に感じられる

この本は、『僕』と『ガネーシャ』の対話形式で書かれています。

 

以前感想を書いた嫌われる勇気論理思考の本もそうでしたが、対話形式で書くためには「キャラクター」が必要です。そしてキャラクターを出せるということは、読ませたい相手が明確になっているということです。

 

実際、このタイトルの本を手にとる人は「夢を叶えたい」か「夢が無い」というどちらかの人だと思います。つまり、この本は「まだ、夢を叶えていない人」に向けて書かれています。

 

そんな読み手にとって、冒頭にあるガネーシャのこのセリフは、かなりの確率で胸をえぐってくるでしょう。

今まで、自分なりに考えて生きてきて、それで結果出せへんから、こういう状況になってるんとちゃうの?

(本文より引用 ガネーシャのセリフ)

かくいう私も この発言で心を動かされ、それからこの本が好きになりました。

 

2.「これくらいならできそう」なレベル感

出てくる課題のレベルも、今まで大成していない私にとって調度良い内容です。

 

例を挙げると 

  • 靴をみがく
  • コンビニでお釣りを募金する
  • 食事を腹八分におさえる
  • 人が欲しがっているものを先取りする
  • 仕事が終わったらまっすぐ帰宅する

というように「普段完璧にはできてないけど、その日もしくは次の日までに、どうにか達成できそうな課題」ばかりです。

 

ちなみに上記の課題は、ネットで検索すれば全部載っています。しかし、この本の本当の効果を得たいのであれば、本文を読んで自分事に感じた上で「ガネーシャと会話すること」が一番重要です。気になる人は、ぜひ本を読みましょう。

Kindle Unlimitedなら読み放題です。)

 

 

もちろん「既にやっとるわ!!!」と思うような課題もあります。自分がすでに当たり前にやっていることなら、やる意味がないように感じるかもしれません。

 

でもその時「今日の課題は簡単過ぎる」と思うのではなく、「この課題って、周りの人はできているかな?」と周囲を観察してみたり、「この課題の意味は何だろう?」と自分なりに考えてみましょう。

  

自分自身に問いかけ、しっかりと考えながらこの本を実践すると、少しずつ自分が変わっていくのが実感できます。

 

3.課題の解決を「習慣化」できる

もし、これからこの本を読む人がいるなら、ぜひ【毎日】【1つずつ】課題をこなす習慣をつけましょう。

 

この本には、夢をかなえる「手順」ではなく「行動指針」が書かれています。だからもちろん、全ての課題をクリアしただけで夢が叶う保証はありません。

  

だからこそ、せっかく用意されている課題は1つずつ実践し、自分の中でよく考える時間を作りましょう。そしてその行動を「習慣化」するように使えば、この本の効果は存分に発揮されます。

 

  • 少しだけ早起きして、課題を1つ読む。
  • 昼休みの寝る時間を5分削って、1課題だけ頭に入れる。 
  • 枕の横に置いておき、就寝前に1回ガネーシャと会話する。

  

このように習慣化できると、本を読み終わる頃には「課題のクリアが楽しい」と感じるようになり、同時に「課題が無くて物足りない」という感覚が残るでしょう。

 

そこまでいけば、あとは自分で課題を作り、それをクリアしていけば良いだけです。

 

まとめ

個人的評価:★★★★★(5/5)

 

綺麗事みたいになりましたが、これらは私の本心です。

 

実際に私は自分事だと思えたから10日も続けていますし、今まで出された課題は10日間続けられる程度の内容です。そして、継続の得意ではない私が「次の課題を見たい」という思いを持ち、1日1つ課題をクリアしてページをめくるようになりました。

 

今までは本を読んでも、あまり自分に変化を感じませんでした。これは間違いなく「実践しなかったから」だと言えます。

 

本来であれば、どんな内容の本だとしても、書いてあることを実践してみれば「成功」か「失敗」のどちらかの経験を得ることができるものです。

 

そういう意味で、この本は実に的確に「実践すること」を教えてくれる本でした。

 

私は明日からも、ガネーシャとの会話を続けます。

 

まだ実践してない方は、ぜひご一緒に!

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ