読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

好きな言葉2. 「格言」という単語が好きになった

f:id:MasaoBlue:20160430170256p:plain

 

 

昨日の記事を書いて以降、「格言」という言葉がすごく気になる。

 

wikipedia見たり色々考えているうちに、この単語が脳から離れなくなった。

 

 

英語に訳す

 

なぜって?

 

それは英語に翻訳してみれば分かる。

 

 

f:id:MasaoBlue:20160430160652p:plain

 

 

 

 

英訳: Aphorism

 

 

 

 

 Aphorism

 

 

 

 

アフォリズム。

 

 

 

アホじゃなくてアフォリズム。

 

 

なにこれ・・・・・・何か良い。

 

可愛い。

ゆるい。

 

ゆるいけど、内容は昔の偉い人の言葉だから、深い。

格が高い人の言葉のはずなのに、アフォ。

 

 

 

アフォリズム。

 

 

 

日本語的にはもの凄い矛盾感。

しかしそれがたまらない!

 

 

 

誰しも一度はあると思うんだ。

 

 

歴史で習った「ムッソリーニ」っていう昔の人と、「ムッツリ」っていう大人の単語を知った時期がうっかり被っちゃったこと。

 

 

そしたらもう、彼が何した人なのかなんて正直どうでも良い。

ムッソリーニ = ムッツリ」って印象しか残らないよね。

 

 

 

これと同じ現象が、格言でも起きてしまった。

 

 

私は今、格言が「アフォ」にしか見えない。

 

 

やばい。

何かいい。

 

矛盾って面白い

 

私はどうやら、矛盾してるものが好きらしい。

 

今日嫁と話していたのは「無事死亡」って汎用性高くて面白いよねって話。

 

最近の例だとこんなかんじ 

 

 

 

『 スマホアプリの「ようじょあつめ」、リリース前に無事死亡

 

 

 

この「見るからにダメそうなものを持ちだして、頑張ってどうにかすると期待させておいて、結局最後はダメ」っていう流れがたまらない!

 

たった4文字の癖にここまでストーリーを想像させるのもすごい。

 

そもそも「無事」と「死亡」ってどう見ても矛盾してる。

 

だがそれが良い。

 

 

そんな訳で

 

時には座右の銘にもなるほどの「格言」。

 

ゆるいけど格が高くて、矛盾感もあるけど皆に愛され続ける。

 

そんな単語が私は大好きです!

 

 

格言 = アフォリズム

 

 

やっぱいい。

 

 

---------

 

ちなみにgoogle翻訳だとaphorismは一番上に出ない。(maximが先に出る)

 

私が最初に見たのはwikipediaだったから、その影響も大きいね。