読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

言葉に出来ないことのヤバさ

f:id:MasaoBlue:20160425220621j:plain

Photo via VisualHunt

 

 

最近やっと、自分の感想を書けるようになってきた。

 

昔と違い、少しずつでも、自分の考えを言葉にできている。

 

 

私は成長している。

 

 

 

と思った矢先、そこに落ちてきたのは、村紗カイ氏のこの記事だった。

www.murasakai.net

 

 

言葉にできない

 

この人のブログには、物事の本質がたくさん書かれている。

その中の記事は、私にいつも多くの問いを投げかけてくる。

 

私は上の記事を読んで、いつも通りの安定した面白さを感じていた。 

 

 

 

そこまでは、良かった。

 

いつもと違ったのは、この記事をブックマークしようとした時のことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・あれ? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・言葉が、出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  

 

 

 

・・・どうした?

 

 

 

 

 

 

 

昨日はノリに乗って30記事をブックマークした私だ。

いつもならほとんどの記事で1~2分、遅くても5分あれば、はてブの上限100文字を埋め尽くすために何らかの言葉が湧いてくる。

 

 

 

なのにどうして、この記事には感想が書けない?

 

 

 

必死になって悩み、ノートを1ページ埋め尽くして考えてみても、自分の意見は一向にまとまらない。

 

結局、コメントに残せたのは「わからない」という旨の言葉だけだった。

 

 

 

 

 

私にとって、挑戦とは、何だ?

 

 

 

 

どうして言葉にできないのか

 

言葉にできないのは、「理解していないこと」。

 

 

そう言ったのは昨日の私だ。

 

 

 

この言葉は確かに私の本心だが、それはつまり、私が「挑戦を理解していない」ということを表している。

 

挑戦することを知らない自分のままで、本当に良いのだろうか。

 

 

 

 

思い返せば私は、このところずっと「目標が決められない」と言い続けてきた。

 

だから、せめて10分ずつでも続けようとしたり、気を紛らわすために楽しく生きる方法を考えたりしつつ、ブログの更新だけはどうにか続けている状態だった。

 

 

 

 

これは、何かに挑戦できているだろうか。

 

 

そもそも、「挑戦」とは何だっただろうか?

 

 

 

 

私の知っている挑戦とは、

 

 

自分が今まで出来なかったことに、挑み、戦うことだ。

 

 

 

 

そう。

 

そうだ。

 

それは言葉の上ではわかっている。

 

 

 

しかしそう考えた時、私は今、何かに挑もうとしているだろうか。

 

私はこの先、自分の中の壁と対峙した時、それと戦う道を選べるのだろうか。

 

 

 

 

ここまで考えた時、私はもう何年もずっと「挑戦していない」ことに気がついた。 

 

私が目標を決められなかったのは、壁を見つけるのが怖かったからだ。

 

 

 

 

でも、もし今何もしなければ、この後もだらだらと1つの会社で仕事をして、ただのしがないサラリーマンとして人生を終えることになるのだろう。

 

 

 

 

このまま過ごして、本当に大丈夫だろうか?

 

 

 

 

 

多分、大丈夫じゃない。

 

このままじゃ絶対に、大丈夫じゃない。

 

 

 

だから、自分で変えるしかない。

 

 

 

目標を、決めろ。

 

考えることを身に付けると、自分が今まで、色んなものから逃げてきていた事実に気がつくようになった。

 

逃げずに挑戦する自分になりたいなら、やはり目標を立てることが必要だ。

 

 

 

次の記事では、私が今年やることを10個決め、それを記録しておくことにする。

 

 

 

もう4月も終わりだって?

 

知ってるさ。

 

 

 

だから、今日始めるんだ。

 

 

 

考えを改めさせてくれた村紗カイ氏には、感謝の言葉しかない。

本当に、ありがとうございます。

 

(これはもちろん一方的な意見だが、それもまた、はてなの醍醐味だ。)