読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

やっと気づいた。なぜ長い文章をまとめられないのか。

意見つらつら

そりゃ今まで文章書いてこなかったんだから当たり前だ。

 

はてブとかのコメントは結構パンパン書けるのに、ブログの更新となると全然手が進まないの何で?って思ってたんですが、そもそも今まで会社のメールくらいしか文章なんて書いてなかった人間が、いきなり1000文字とか2000文字とか書ける訳ない。というか、勝手に自分で「書かなきゃいけない」と思い込んでいたのがまずかったんですね。

 

あ、プログラムなら何千文字でも書けます。

 

私がブログを書き始めようと思った動機は「自分の考えを文章にして伝えること」ができなきゃマズいなと思ったから。通っていた専門学校に卒論はなかった(卒業研究と、発表用のパワポ作成のみ)し、会社に入ってから書いた文章ってほとんどが「仕様書」だったので、自分の考えを述べる機会に出会わなかったんです。だからこのまま生きていくと自分の意見を誰にも伝えられず、まさに社会の歯車になるしかない・・・

 

じゃあここから脱出するためにはどうすれば良いか。会社が意見を言う機会を与えてくれるのは、おそらく昇格する時くらいまで無い。だったら自分でどうにか機会を作らないと、って思った時に一番手軽そうだったのがブログという手段でした。

 

じゃあその「考えを文章にすること」が主目的だとすると、1記事の文字数はどれだけ必要でしょうか。そんなの別に何文字でも良いですよね。むしろ文字数を伸ばすことを意識し過ぎて、結局全体がまとまらなかったり、そもそも時間かかりすぎて更新できなかったりして、そんなことでブログの更新が停滞する方がよっぽど大問題です。

 

どうせ文章力にしろブログ力にしろ初心者なんだから、数百文字とか、小並感(笑)でも良いので『考えを文章にする力』と『文章にしながら考えるクセ』をちょっとずつ養っていく必要がある。

 

最初からSEO(笑)とか検索ワード(笑)とかに頭悩ませるより、とりあえず出しながら、後で効率よくするスタイルの方がよっぽど効率が良いですね。

しかも悩んだ割に、検索なんかガン無視の内容で文章書いてるしね。 

 

そんな訳で今日、というか今から、短めの文章も上げていくことにしました。

ちゃんちゃん