読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおまっさお

おいまさおがんばれまさお

ついに、ついにやってやった。

自己改善

今日、私にとって人生初快挙達成とも言うべき出来事が起きた。

いや、私が行動して起こした

それだけのことをやり遂げた。

 

今日は間違いなく、私の進化への大きな一歩となる日だ。

 

快挙達成

私は今日、とある大学教授の講演を聞きに行った。

正直最初は興味本位で適当に申し込んだ講座だったが、これが意外と面白い。

 

最近の私は自己改善の一貫として、『人の話を聞く時はなるべく沢山メモを取る』ようにしていて、そのおかげで教授の話もかなり頭に入ってくる。

内容も新しく知ることばかりで、この講座はとても楽しい。

 

 

ーそう感じていた矢先、チャンスは突然やってきた。

 

 

この講座は「脳科学」に関する研究内容だったのだが、今日はその研究室で作られた『脳波を監視し、目を特定方向に動かすとブザーが鳴る機械』を誰かに体験して貰おうというのだ。

 

 

そして教授は言った。

 

 

 

「これを誰かに体験して貰いたいのですが、

『我こそは』という人はいませんか?」

 

 

 

その瞬間、私の体が急激に反応したのが分かった。

この感覚は人生で何度か経験したことがある。

映画で物凄い感動的なシーンを見た時と同じ、脳が強い刺激を受けた時のあの感覚だ。

 

心臓が突然心拍数を上げ、全身に血が巡り、体がぞわぞわっとする。 

このうなると体が萎縮してしまい、何も考えられなくなる。

 

ーというのがいつもの私だったが、今日の私は違った。

 

 

脳内で聞こえる

 

 『すぐに手を上げろ!』

 『今すぐにだ!!』

 『さぁ早く!!!』

 

という脅迫に押されて後に手を挙げ・・・

 

 

 

そして見事、体験者に指名された

 

 

 

これが今日私が起こした、人生初の快挙達成の瞬間だ。

 

 

 

こんなことが人生初なのか

こんなことだが、厳密に言うと人生初ではない。

 

小さい頃は当然好奇心も旺盛で、先生の『ここ分かる人!』の問いかけにはいち速く手を上げる子供だった。

そして運が良い時は一番最初に当ててもらい、皆の前でカッコよく正解を言う。

この快感が堪らない。

 

 

そんな時期もあった。

 

 

私はあれから年を重ね、この大事な快感を完璧に忘れていた。

 

セミナーに参加しても『くだらない質問だと思われないかな・・・』と考えて講師に質問はしない。

何か人手が必要な時は『他の人がやらなかったらやろうかな・・・』と思い、結局他の人が先に手を挙げる。

 

この十数年、こんなことばかりをずっと続けてきた。

 

 

その私が今日、数十人が参加する部屋の中で一番最初に手を上げ、そして指名された

結局、あの機械を体験できたのは私だけだった。

  

まさに、『我こそは』 だったのだ。

 

皆さんはあるだろうか。

自分の脳波を測られたことが。

 

難しく考えなくても、脳が目を動かす命令を出しただけで機械に正確に検知される、あの感覚を知っているだろうか。

 

 

いや、忘れもしない『この』感覚を、皆さんは知っているだろうか。

 

 

そんな貴重な体験を、今日の私は自分の手で掴みとったのだ。 

誰が何と言おうと、これは私にとって人生初で、大きな一歩を踏み出した証である。

 

そんな1日だった。